Concept

夢と憧れが詰まったパティスリー。
『ランジェラ』は、パティシエールの大好きな薔薇の名称、
“アンジェラ”から名付けられました。

子供の頃からの夢と、
自分のパティスリーを持つことへの憧れ
大好きな薔薇に囲まれる世界、
そして地元富士市の花『バラ』との運命に、
いつしか、バラのマドレーヌ作りに没頭する日々を過ごします。

素材に徹底的にこだわり、より美味しく、より美しくを探求する中、
バラのマドレーヌ「ベルレーヌ®」が完成されました。

焼きたての香りが広がる、お花に囲まれた空間で、誰もが笑顔になる
【スイーツ界のお花屋さん】をめざします。

妥協のない
「美味しく・安心安全・綺麗」なお菓子づくり

本物の美味しさを追求し、幸せをお届けいたします。
材料・過程にこだわり、安心と安全をお届けいたします。
美しく綺麗なものづくりで、感動をお届けいたします。

お客様の大切な人を、共に大切にする

「贈られる側はもちろん、贈る側も安心して贈ることができる」
「ランジェラのお菓子を手にした人が暖かく幸せな気持ちになれる」
そんなお菓子作りを目指しています。

 

ランジェラではSDGsの考え方に共感・賛同し、可能なことから取り組んでまいります。
詳しくはこちらをご覧ください。

 


『アンジェラをモチーフとした、終わりなき幸運を運ぶリース』

お店の名前の由来でもあるアンジェラの花言葉
『愛』『美』『上品』
そして『永遠』『幸運』を象徴とする
リースの形をシンボルにいたしました。
ランジェラのお菓子を手にした人が幸せになりますように
との思いを込めて・・・
わたしたちは終わりなく、みなさまに愛される
バラのマドレーヌ”ベルレーヌ”をお届けいたします。

 

 

オーナー兼パティシエール 花崎 一水KAZUMI HANAZAKI

静岡県富士市生まれ。
短大卒業と同時に栄養士の資格取得。卒業後、料理学校に通う。
2001年、東京ル・コルドンブルーにて製菓を学び、菓子ディプロムを取得。
ホテルでの勤務を経て、家業の旅館業を手伝う傍ら、製菓の道を研鑽し旅館内で販売を始める。
その後口コミで広がり、百貨店での期間限定販売など、催事出店を経験。
2009年 富士ブランドとして認定。
2013年「バラのマドレーヌのお店ランジェラ」を富士市平垣町にオープン。